修理の見積もり

安く修理を頼むことも可能です

現在、家具修理は色々な種類の業者が混在しています。レストランなどの業務用を修理する会社が一般家庭向けの修理も行っているところや、一般家庭向けで格安の料金でサービスを提供しているところや、高価な家具やアンティーク家具の修理を専門に請け負っているところがあります。家具修理は基本的には業者に見積もりを出してから決定することが望ましく、一概に相場がいくらとは言えませんが、業者が提示している目安となる金額があります。ダイニングチェアの張り替えは5千円から8千円、テーブル塗装は3万円から4万円程度です。ソファの張り替えは幅が110センチ未満は6万から8万円、幅が110から150センチでは7万から11万円、幅が150から200センチでは9万から14万円程度です。家具修理はまず希望を伝えてから見積もりを出してもらいます。

手持ちの家具を修理して新たな雰囲気を出すことができます

家具修理はダイニングセットなどを買い替えずにすむという利点があります。椅子が1脚だけ壊れたり、座面が傷んだりした場合、そろいの椅子をすべて買い替えるよりも簡単で安価になります。テーブルの脚を切ったりして高さを調整することもできます。ライフスタイルに合わせて家具のイメージチェンジもできます。ソファなども気に入ったデザインのものがほかにないという時に、好みの布や皮で張り替えるだけでお気に入りの家具がきれいによみがえります。100年以上も受け継いでいる家具や、アンティークショップで購入した家具などは、家具職人でないと修理が難しいことがあります。もともと手作りで作られているものは手作りの製作が行える技術をもった職人でないと修理ができません。古い家具は、古さを保ったまま、汚れを落とし、新たな塗装を施し、壊れている個所を直します。アンティークな雰囲気は壊さずに実用品として新たに使うことが可能になります。