家具を大切にする

貴重な家具は修理して使う

日本人にとって家具の多くは一生使われるものでした。職人が丹精込めて作った家具は代々大切に使われる、というのが日本の伝統でした。最近は、輸入品など安価な家具が市場に出回り、その結果、少し古くなった家具はすぐに買い換える、という風潮があります。実際、家具修理を行うよりも新しく買ったほうが安くつく、ということもあります。それでも、捨てられない大切な家具の場合、修理して使い続けたいという人もいます。高価な家具、貴重な家具、思い出の家具など、いろいろな理由で簡単に買い換えることができない場合、家具修理が必要です。一般の家具やアンティーク家具などの修理を専門に扱う家具修理業者がいます。彼らに相談することで、大切な家具をきれいに修理することができます。

一生使い続けたいと思える家具によみがえる

貴重な家具が傷んだ場合、そのままあきらめて使い続けるよりも思い切って家具修理に回すべきでしょう。また、年代物の家具を手に入れたので、修理して使いたいといった場合も同様に家具修理に回すことが勧められます。基本的に家具修理は、職人技の世界です。ほとんどの家具修理工房では、職人たちが自分たちの経験と知識を駆使して古い家具や傷ついた家具をよみがえらせています。昔の桐の箪笥が、職人の手にかかると新品のような代物に生まれ変わります。ヨーロッパ風のアンティークの椅子も見事に輝きを取り戻します。このような職人技を発揮した家具修理により、一つでも傷ついた家具を元通りの状態で使えるようにする、というのが彼らの仕事です。